Soap Recipe

Ciao*soap

Ameo*石鹸レシピ

マルセイユ石けん

写真の石鹸の色合いはクロレラパウダーを使用しています。

ホームページの【石けんの作り方】をご参照ください。

石けん素地

材料(500gバッジ)

オリーブオイル

360g

苛性ソーダ

65g

ココナッツオイル

80g

精製水

175g

パームオイル

60g

精油

ラベンダー

36滴

ベルガモット

36滴

ゼラニウム

36滴

フランキンセンス

36滴

レシピ生い立ち

手作り石鹸のなかでも有名で、憧れていたマルセイユ。

​オリーブオイル72%、それ以外の28%の配合を試行錯誤して、ようやく求めていた使い心地の石けんが出来上がりました。

​作り方

 1 

石けん素地を作る。

​精油もブレンドしておく。

 2 

苛性ソーダ水と油脂を合わせたら15〜20分かき混ぜる。

 3 

のの字が書ける程度のとろみが出たら別ボウルで精油を混ぜ込み、更に2分混ぜる。

 4 

後日型出しをし頃合を見てカット。

​その後4週間を目安に熟成させる。

 5 

完成!

ポイント

ベーシックな石けんなので、色や香りをアレンジして自分好みの石けんに変身させましょう。

ご注意事項

記載しきれない細かいポイントは、お教室にて伝授させて頂きます。

苛性ソーダの取り扱いなど十分ご注意頂かなければならないポイントがございます。​

一度お教室で作っていただく事をオススメ致します。

当レシピの無許可転載・転用・営利目的での利用はご遠慮ください。

キャスティール石けん

ホームページの【石けんの作り方】をご参照ください。

https://www.

石けん素地

材料(500gバッジ)

エクストラバージン

​オリーブオイル

500g

苛性ソーダ

61g

精製水

175g

レシピ生い立ち

Ameo*がはじめて作った石鹸はこの、キャスティールでした。

色々応用して、現在では数パターンのキャスティール石鹸のレシピが出来上がっております。

初めて使ったときには、泡立ちも少なくビックリしましたが、濃厚なクリームのような泡で優しく洗顔すると、洗い上がりもしっとり♪

​今でも冬場は必ず洗面所においてある石鹸のうちの1つです。

オリーブオイルは専門家がいるほど、世界的にみても奥が深いオイル。

​産地や生産方法の違いで無限大に広がる洗い心地の変化にすっかりAmeoも病みつきのレシピの一つ。

​作り方

ボウルにオリーブ油を量る。

 1 

 4 

苛性ソーダ水と油脂を合わせたら15〜20分攪拌する。

 2 

湯煎にかけて40℃まで温める。

 5 

ブレンダーを使い、適度なトレースを出す。

 3 

氷水を張ったボウルに精製水を量った容器を立て、冷やしながら苛性ソーダ水を作る。

この時、最高温度を55℃程度までの上昇に収めるよう、少しずつ苛性ソーダを溶かしながらよく溶かす。

​全て溶けきったら40℃前後に温度を調整する。

 6 

型に流し入れ、ふたをして保温をする。

 7 

後日型出しをし頃合をみてカット、その後6週間を目安に熟成させたら完成!

ポイント

なかなかトレースが出てこないので、適宜ブレンダーを使います。

​ブレンダーを使わず、自然なトレースを出したい場合は、生地が冷えすぎないようときどき湯煎にかける。特に型入れ前に生地温度を少し上げてあげるとソーダ灰を防ぎやすいです。

ご注意事項

記載しきれない細かいポイントは、お教室にて伝授させて頂きます。

苛性ソーダの取り扱いなど十分ご注意頂かなければならないポイントがございます。​

一度お教室で作っていただく事をオススメ致します。

当レシピの無許可転載・転用・営利目的での利用はご遠慮ください。

当HP記載のレシピや画像は著作権がございます。

​無許可転用・模倣は固く禁止させて頂きます。

Ciao*soap

〒176-0021

東京都練馬区貫井1-7-24 ハセガワビル1階

Tel: 03-3998-2358

Fax: 03-3998-2358

ameo@ciaosoap.jp

​営業時間 10:00〜18:00

定休日 木曜日・第1、3、5水曜日 夏季・冬季・特別休暇あり

  • White Instagram Icon
  • White Twitter Icon
  • White Facebook Icon
  • YouTube - White Circle