How to make

Ciao*soap

手作り石鹸の作り方

オリーブオイルをメインとした基本的なコールドプロセス製法手作り石鹸の作り方を簡単にご説明します。

安心安全な作り方に重点を置いた、Ciao*soapのオリジナルメソッドで作つ作り方です。
細かいポイントや注意点は、お教室にて丁寧に伝授いたします。


苛性ソーダの取扱いなど、十分にご注意していただかないといけないポイントも多々ございます。

手作り石鹸の本の中には、危険な作り方が載ってしまっているものもあります。


大切なお肌に使うものですので、お家デビューをされる前に、一度はきちんとしたお教室で作って頂くことを強くおススメいたします。

​用意するもの

 ・

キッチンスケール

 ・

マドラー

 ・

空の牛乳パック

 ・

温度計2本

 ・

小さいスプーン

 ・

苛性ソーダ用の容器(耐熱性でポリプロピレン製のもの)

 ・

泡立て器

 ・

ボール(3~4個)

 ・

タオル(保温用)

身に着けるもの (必ず着用しましょう)

 ・

ゴム手袋

 ・

眼鏡、ゴーグル

 ・

マスク

 ・

エプロン

 3 

オイルを1つに

ポイント

​しっかりと溶けきれたオイルは透き通って綺麗です。

オイルAに、オイルBを混ぜます。

 4 

精製水に苛性ソーダを加える

ポイント

お教室では、苛性ソーダの取扱い方のポイントや安全に作れる独自の方法をご説明いたします。

(温度の急上昇やミストの発生を抑える方法)

インターネットや本を見ただけで、間違った方法で作製しないように気を付けて下さいね。

苛性ソーダを一度に加えてしまうと温度が80℃くらいまで上昇することがあります。

この時に発生する湯気は、刺激性があるので吸わないように。

また、肌に付かないように十分にご注意をしてください。

 5 

苛性ソーダを溶かす

ポイント

苛性ソーダの溶け残りがないように、しっかり溶かします。

オイルと同じくらいに温度を下げます。白濁色から透明になります。

 6 

オイルに苛性ソーダ水を加える

ポイント

綺麗な手作り石鹸を作るために重要な作業です!

苛性ソーダ水とオイルの温度を合わせて、オイルの入ったボウルに苛性ソーダ水をゆっくり注ぎ込みます。

オイルの色が変化して、濁った感じになります。

 7 

撹拌

ポイント

あめおのこだわりのかき混ぜをお教室で!綺麗な手作り石鹸を作りましょう!

クルクルとよ~く混ぜましょう!

色が変化してきます。化学の実験みたいでワクワクドキドキです。

 8 

オプションを入れる

ポイント

エッセンシャルオイルの効能や組み合わせ、色材やオプションについてもマスター出来ます!

手作り石鹸の醍醐味の一つです。

エッセンシャルオイルで香りを付けて、色材で色を付けて、お好みの手作り石鹸を作りましょう。

 9 

型入れと保温

ポイント

2層やマーブル、水玉やコラム、ピーコック、カスケードなど色々な模様にチャレンジ出来ます!

色々なデザインの手作り石鹸を作ることが出来ます。お教室では空の牛乳パックを型にして使います。

カフェドサボン製のアクリルモールドの販売も行っております。(レッスン時のみ対応)

保温はタオルでOKです。

 10 

型出し

1~3日置いて、硬さが出てきたら型出しが可能です。初めての方はドキドキの瞬間です!

牛乳パックをぺりぺりと剥がして、型から出しましょう。

型出し後は、風通りの良く、日に当たらない所で保管します。

(お子さまの手が届かない場所に)

 11 

カット

ポイント

型出しやカット時もゴム手袋を着用の上、作業してください。

型出しから1~2日間、乾燥させたらカットです。自分好みの使いやすい大きさにカット

しましょう!

 12 

熟成と完成

ポイント

くれぐれも小さなお子様やペットが触れる所には保管しないように

してください。

カットした手作り石鹸は直射日光の当たらない風通しの良い場所で4~6週間、熟成させます。

この期間にアルカリと酸が中和されて鹸化し、石鹸になります。

コールドプロセス製法の手作り石鹸の作り方

ゴム手袋・眼鏡・エプロン・マスクの準備はOKですか?

​必ず装着を!お気に入りを探しておきましょう。

 1 

準備と計量

オイルの計量を済ませておきましょう。

オイルA:常温で固形のオイル

(融点が高いオイル)

オイルB:オリーブオイルなど常温で溶けているオイル

 2 

オイルを湯せん

ポイント

オリジナルレシピを自分で組み立てれるように、オイルの計算方法が勉強出来ます!また、オイルソムリエによるオイルの選定ポイントもレッスンではご伝授いたします。

オイルAを湯せんで溶かしておきます。

ポイント

オイルが溶けて透明になってきます。気泡や濁りには気を付けましょう。

適切な温度が必要です!

予習・復習は出来ましたか??

繰り返しになりますが、苛性ソーダの取扱いは大変危険です。

お1人でチャレンジする前に、お教室にお越し頂いて一緒に作ってみましょう!

正しい知識と道具があれば、ご自宅でも安全に作ることが出来ます!

​Ciao*soapでは、皆様のご自宅デビューも目標の一つです。

Ciao*soap

〒176-0021

東京都練馬区貫井1-7-24 ハセガワビル1階

Tel: 03-3998-2358

Fax: 03-3998-2358

ameo@ciaosoap.jp

​営業時間 10:00〜18:00

定休日 木曜日・第1、3、5水曜日 夏季・冬季・特別休暇あり

  • White Instagram Icon
  • White Twitter Icon
  • White Facebook Icon
  • YouTube - White Circle